ゆっくり快感を拾う

blue pill

4日は裸で抱き合って眠り、5日に1回だけ挿入を伴うセックスをするというスローセックスは、
初めて聞く人からすると決まりが多くて何だか難しそうなイメージがありますよね。
でもいくつかのポイントさえ押さえておけば、初心者でも簡単にいスローセックスを成功させられるんです。
まず、挿入をしない4日間は、性器には触れず、それ以外の愛撫だけを行います。
女性の主な性感帯というと、乳首とクリトリスと膣の3つになりますが、
これらはほとんどの人がほぼ確実に快感を感じられるポイント、というだけですよね。
人によっては耳が性感帯だったり、首が性感帯だったり、何でもないような場所で快感を感じる場合もあります。
4日間かけてじっくりと愛撫することで、これまで気付かなかった相手の思わぬ性感帯に気付くことができます。
5日に1回の挿入日も、すぐに挿入するのではなく前戯をじっくり行うことが大切です。
目安としては最低1時間はかけた方が良いでしょう。
すぐに挿入をしないことで、女性の感度はどんどん上がっていきます。
また、EDで悩んでいる男性からしても、すぐに勃起しなければ!という焦りがないので、
ゆっくり自分のペースで性的興奮を高められますよ。
挿入した後も、最低30分は動かず、挿入したままキスや愛撫をします。
中折れしてしまうという人も、膣内の温かさや締め付けなどに神経を集中させることで些細な刺激でも十分な快感を拾えるようになります。
30分経過し、やっと動く頃になると少し動いただけでも普段は感じられないような強烈な快感を感じることができます。
女性も男性もすぐにオーガズムに達してしまいますが、オーガズムに達した後も性器をすぐ抜かず、しばらく挿入したままで抱き合いましょう。
こうすることで、オーガズムに達した後も何回でも快感を感じられます。